不食でflowに生きる

不食に興味ありましたが、食べたり食べなかったりでした。怪我したのが原因で食べない生活に移行すべくflowな生活しています。

不食して変わったこと健康へのメリットは?

f:id:js751:20200414193451j:plain

不食を継続してきたけど、誘惑に負けて挫折もいっぱいしてきた

食べない生活に興味を持ち、少しずつ食事を減らしてきました。

食べることが大好きだった頃に比べて、今は食べる量も少なくなり、僅かに嗜好で食事を楽しみたいというものに変化してきました。

 

食べたいと思えば美味しいものが溢れてるので、次から次へと際限なく食べたい物が出てきます。

 

仕事帰りに寄るデパートの食品売り場は、もの凄い人のエネルギーで溢れてます!

不食を始めた頃、デパートの食品コーナーに寄って美味しそうな惣菜がたくさん並んでるのを眺めたこともありました。

誘惑に負けて買うのか、それとも買わないで済むのかと食品コーナーに寄ってみたりしました。


不食を始めて3年目くらいまで、見た途端に美味しさに負けて、不食のことはすっかり忘れてしまい気がついたら買ってました!



f:id:js751:20200718141828j:image

買ってしまったら後の祭りで、美味しくいただいてました。

少しずつ食べる量を少なくして行くと、食べない生活に徐々に慣れてくるので、デパートの食品コーナーへ行っても、食べたいに負けて、買ってしまうこともなくなり、今ではデパートの惣菜コーナーへ行っても、誘惑に負けて美味しそうな物を買うことはなくなりました。

 

不食生活を成功させる小さなコツとは?

美味しそうな食べ物が氾濫してる中で、一気に不食に行くのは無理があると思われます。

少しずつ食事を減らして、自然な形で食べない方向へ持って行く方が無理なく不食生活に行けます。

 

体の方が自然に、食べない生活に馴染むのだと思います。


近くのスーパーへ買い物に行って、でき立ての惣菜が売ってるのを見るけれど、食べないと決めれば、でき立ての暖かい惣菜を見ても買うことはありません。

 

買わないと決めれば意識が買わない方向に従うので、衝動的に買うことはなくなりました。買わないと決めれば良いだけです!

 

意識の強さは必要で、何故食べないと決めたのかという意識がハッキリしてなければ、曖昧になってしまいます。

 

食べないという目的がしっかりすれば、何とか目的地に辿り着くものです。
目的が食べないに決めた私も、食べたり食べなかったりでアヤフヤな毎日が続きました。それだけ食べるというのは強力です!

 

今回ブログを書き始めたのをキッカケに、食べない世界へ向かおうと決めました。

今まで、おやつにアイスクリーム等を食べてたので、これが全く食べないというのは、とても口が寂しいです!

 

美味しそうな食べ物がたくさん溢れてる中で、おやつにアイスクリームだけならばといただいてました。

アイスクリーム1個位なら大丈夫ですが、
不食で食べないのと決めたので、おやつも食べるのをやめてみました。

 

不食を続けると起こる大きな変化とは?

 食べない日が続くと別のルートの楽しさが溢れ出してきます。食べない毎日の喜びが溢れ出します。

 

お腹に消化物が無いので、気が体を通って天上を突き抜けるような爽やかさがあり、食べないが続くと反転して起こり始めます。

 

頭上を爽やかさが突き抜けるみたいで、体を突き抜ける爽やかさは不食ハイという言葉にピッタリです。

 

意識が軽くなって楽しいことが多くなってきます。なんでもないことに楽しさを覚え、普段であれば気がつかないことでも楽しさを発見し始めます。

 

私自身が楽しいので、“あげる”と分け与えたくなり与えることの嬉しさが増します。

食事してた時は、毎日の忙しさに追われて“あげる”ことの喜びに、なかなか気が付きませんでした。

 

不食をすれば、睡眠時間も少なくてすむ!?体力の問題はないの?


胃のなかに消化する物が無いので、食べ物を消化する動きがありません。

そのため疲れも半減します。

胃の疲れがなければ、睡眠時間も少なくて済みます。

 

今までおやつ程度は食べてたので、現在の睡眠時間は4時間くらいです。

かと言って必ず睡眠時間を取らなければならないと言うものではなく、都合で起きている時もあって、やりたいことがあれば朝まで起きていることもあります。

 

結局胃が疲れないので、睡眠はそんなに取らなくても良いのです。

 

今、体は至って元気で虚脱感がありません、食べなくても普通に歩くことができます。
食べてない生活なのに、これが不食ハイの不思議なところです。

 

急激に体を動かさないのなら食べなくても問題ないと思いますが、長期間体を動かしたり、体力を使うのは適してないと思います。体を過激に動かさないのであれば、僅かな食事でも問題ありませんでした。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村